So-net無料ブログ作成

家を建てる ~オール電化ってどうよ?~ [家]

 家を建てる場合、建築物本体と同様に重要になってくるのが設備(照明、エアコン、給湯器、システムキッチン等)です。ここをよく考えないと生活の快適さが大きく変わってくる大事なポイントです。


 ここ最近の流れとしてあるのが「オール電化」ですね。
 一般的にはそれらの設備を全て電気でまかなうこととされ、代表的なのが「エコキュート」と「IHクッキングヒーター」でしょうか。

 エコキュートとは、空気を圧縮した時に熱を奪うことを利用した給湯器で、一般的には深夜電力で作ったお湯をタンクに貯めて使用します。
 今までの電気温水器にくらべ数倍の熱効率があり、オール電化にすると深夜電力が7割引となるため、省コスト、省エネルギーを売りに近年急速に普及しています。

 IHクッキングヒーターは、原理的には電子レンジと同じです。電磁波によって鍋などを加熱します。これも近年「火を使わないので安全」として人気があります。


 で、それをふまえた上で自分たちなんですが、オール電化にはしない方向で検討しています。

理由1: 思ったほど省コストにならない?
 オール電化の売りの一つとして「光熱費の安さ」をあげています。ガスを取っ払ってしまえばガスの基本料金はかかりませんし、深夜電力を使えば使用料金もだいぶ抑えられるというのが理由です。

 しかし、設備導入費は2~3倍ほどかかりますので、特に給湯器については寿命が10年前後とされていますから(ちなみに財務省で定めているエコキュートの法定耐用年数は6年)、いくら月々の光熱費が安くなっても、トータルでみれば思ったほどは安くないかも?という気はします。

 それに、意外と知られていないのですが、オール電化にすると深夜電力は激安になる代わりに、昼間、とくに夏期については通常の約1.5倍割高になります(東京電力)。
 自分たちの場合、嫁さんと子供が昼間家にいることが多い上に、ゆくゆくは両親が隠居する予定もありますので、昼間に人がいる事を前提にした場合、割高になる恐れもあります。
 
 今後オール電化を検討されている方は、そういった自分たちのライフスタイルをふまえた上で決めた方がよいでしょう。対応策として「太陽光発電」と組み合わせるという手もありますが、それにはさらに200万円前後の出費が必要となります。

 

理由2: 本当に環境に良いか?
 オール電化では、光熱費の安さとともに環境に優しいことも売りにしています。しかし、その事についても正直ちょっと懐疑的です。
 電気というのは非常に便利なエネルギーではありますが、効率的にはそれほどよいものではないと考えています。
 例えば原油などの一次エネルギーを100とした場合、発電時や送電や変電のロスで約6割ほど失われますので、実際に家庭で利用できるのは4割ほどです。
 では、なぜそれでも電気が環境に優しいと盛んに言われているのか。それは発電量の1/3をまかなっている原子力については、ほぼCO2を排出しないという計算だからというのも理由の一つです。

 しかし、はたして原子力は本当に環境のためになるのでしょうか?

 地球温暖化も由々しき問題であり、自分たちの子供たちや孫に負の遺産を押しつけてはいけないという気持ちは強く持っていますが、じゃあ放射性廃棄物はどうなのよ?って考えたら結局同じ事ですよね。

 もちろん、今現在電気のない生活はあり得ないし、現在原発が多数存在することも「やむなし」とは思います。が、家庭のエネルギー全てを電気に依存することは、ひいてはそのまま原発依存につながってしまうのではないかと危惧しています。


理由3: IHの電磁波は大丈夫?
 この点については、正直・・・わかりません!

 わからないものについては「リスクの少ない方へ」という考え方ですので、ここは回避すべきとの判断です。

 ただし、いずれいろんな事がはっきりしてくると思われますので、一応将来のことも考えてキッチンまで200Vの配線をしてもらう予定です。


 上記の3つの理由から我が家の選択は
 ・給湯器及びコンロはガスで高効率のもの選択する(エコジョーズ・内燃式コンロ)
 ・原発依存は危険、でもCO2の削減も急務。だったら自然エネルギーを推進すべきであるとの考えから太陽光発電(約3kW)も導入。 


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

nice! 5

コメント 5

nhama

電気ってこわいですね。
実は、今年の1月ころ、電気の屋内配線が燃え(こげ)てしまい、もうちょっとで漏電、火事になるところでした。
私の家は、古い家なのです。一般的にも、電化製品と電気の配線とか合っていないはずです。ですから、オール電化といってもそこから全面的に見直さないとと思います。
by nhama (2007-08-02 13:29) 

くっさめ

しっかり考えられていますね。
このお家で育つ息子さんも、きっとがくさんのようにしっかりと考えられる人になるんでしょうね。
by くっさめ (2007-08-03 00:05) 

けったま

今週末にIHの展示会があるから来てねと誘われてます。
申し込みが2人しかいないとか・・
ガスVS電気の戦いは続く・・
by けったま (2007-08-03 12:30) 

へー八郎

毎度おおきに。
拙宅は冷暖房を全部ガスにしました。
オール電化と迷ったんですが、エアコンの室外機がたっくさん必要になるのが面倒でガスヒートポンプのデッカイ室外機2機で10部屋いけますってのが殺し文句になってしまいました(笑)
by へー八郎 (2007-08-05 23:19) 

がく

ども。皆様コメントありがとうございます。
> nhama 様
 配線も特にビニル被覆のところが年々劣化してきますから、そういう配線部にはあまり高い負荷はかけない方がよいかもしれません。
 どうしても長く使っていると「たこ足配線」になりがちです。安全を考えればコンセントを増設するという手もあります。

> くっさめ 様
 これは自分の独断と偏見に基づいた結論ですから。たしかにたくさん考えましたが、正しいかどうかはわかりません(^_^;

> けったま 様
 最近の電気の攻勢はすごいですね。住宅展示場でも多くのメーカーにオール電化を勧められました。どんだけリベート払ってるの?(笑)

> へー八郎 様
 そういう選択もありですよね。
 自分の場合そこまで大きな家じゃないのであまりスケールメリットはありませんが、それぞれの事情によって、それぞれが判断すればいいんです。猫も杓子もオール電化なんてことはありえないと思います。
by がく (2007-08-08 00:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。