So-net無料ブログ作成
恋愛ネタ ブログトップ

「初恋の人からの手紙」をやってみました [恋愛ネタ]

今話題のサイト「初恋の人からの手紙」をやってみました。

いろいろな質問に答えると、自分の恋愛スタイルに応じた「初恋の人からきたっぽい手紙」が届きます。

しかし、ただ単に甘酸っぱいだけではなく

※胸くそ悪い手紙が届く可能性があります。ご了承ください。

との注意書きがあるとおり、思わず苦笑いしてしまう場合も。

ちなみ自分に届いた手紙は以下の通り。読んで大爆笑してしまいました。
とはいえ、本物の初恋の人からこんな手紙をもらったらしばらく立ち直れないでしょうけれど・・・。


がく、ひさしぶり。
もう旅先で模造刀を買うクセは治りましたか?修学旅行の貴重なおみやげ代を模造刀に注ぎ込んだがくを思い出すと笑ってしまいます。

泣きじゃくる私にがくが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう19年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

今振り返って考えてみると、結局がくって、私に興味がなかったんじゃないかなぁと思います。私から何も言わなければ連絡は全然くれないし、私ががくの財布からお金を盗んでも気付かないくらい。あのころ寂しがっていた私に、慰めようとして「寂しいなら寂しいと思わなければいいんだよ」なんて言ってましたね。今でも子供じみているのかなぁと想像すると少し笑いがこみあげてきます。

私はともかくがくにとっては初恋の相手が私だったんですよね。そうそう、最初のころのがくは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、がくが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。

がくは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

恋愛を総括して言えば、きっと私はがくと付き合うことができてよかったのだと思います。恋愛から得たものはあまりないけれど、がくと付き合えるのならば、今後どんな人とでも付き合えるはずですから。

いろいろ書きましたが、私はがくのことがそれでも好きでした。これからもがくらしさを失わないよう、当時以上にノストラダムスの研究を頑張って(笑)、誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. よく「おれは爪の白い部分が広い!」って見せ付けてきましたよね。どうでもいいけど…。

 


クリスマスイブですねぇ。 [恋愛ネタ]

 いろいろなネタはあるのですが、せっかくのクリスマスイブということで恋愛についての昔話でも一つ。

 

 自分がインターネットを始めたのは10年以上前です。その頃自分がはまったのはメールとチャット。もちろん当時は現在のようなビデオチャットなどと言うものは存在せず、テキストのみでやりとりするだけです。

 今でこそ誰もがインターネットに気軽できる環境になりましたが、自分がインターネットを始めた時期というのは今ほど一般的ではなく、そこに集う人たちというのは若干変わり者が多かった気がします。まあ自分もそうかもしれませんが(笑)

 そういった知らない人同士が文字だけでつながっているという特殊な環境の中でも、若い人が多かったこともあって当然ながら恋愛の話題はわりとでていました。

 自分はもてる方ではありませんでしたし、恋愛経験が特別豊富というわけでもありませんが、昔から
 「もてないやつが、何とかして彼女をつくるためにはどうしたらいいのか?」
 ということについて、心理学の本などを読みあさりながら自分なりの理屈は持っていましたので、相談を受けることも多々ありました。

 いくつかの相談を受けている中で、その都度説明するのも面倒になってきたので自分のホームページでも作って、そこに自分の理屈を書いておこうと考え、実際に作りました。

 今考えるとちょっと恥ずかしいですが、当時をしては自分はこのホームページによって誰か一人でも良いから救えたら、ちょっとでも気持ちを楽にすることができたならという事を本気で考えていたのです。

 ちなみにこのブログのマイカテゴリーに「恋愛ネタ」があるのはその名残と言っていいでしょう(笑)

 

 そんなある日、とある掲示板にてなんとも「うぶ」な書き込みを見つけました。自分と歳は一つしか変わらないのに、なんだか中学生みたいに悩んでいるなぁと思った自分は、お節介にも彼女にホームページのアドレスを記載したメールを送りました。なにかの助けになればと。

 当時自分は彼女がいたし、下心は全くなく、本当のお節介です。今考えるとやっぱり自分は恥ずかしいヤツですね(笑)

 しかし、なんと彼女から返信が来ました。ホームページも見てくれたようです。

 それから彼女といくつかメールのやり取りをする中で、悩みからちょっとづつ解放されてゆくのがわかりました。恋愛に対して臆病だったのがだんだん前向きになっていきました。

 自分の気持ちは無駄じゃなかったんだととっても嬉しくなりました。

 それから彼女とは約1年間にわたってメールのやり取りをしました。ちなみにその間会うことはおろか、電話すらしていません。純粋に言葉だけのやり取りで1年間です。

 

 現在、彼女は結婚し子どもを産んで幸せに暮らしています。

 

 え?どうして知っているのかって?

 そりゃあ、自分の妻ですから・・・。

 


タグ:恋愛
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

結婚とは忍耐である・・・か? [恋愛ネタ]

 普段あまり職場のことは話題にはしませんが、ふと考えさせられることがあったので今回はちょっとだけとりあげたいとおもいます。

 

 今自分が所属しているのは「総務部」。いわば縁の下の力持ち的存在のところ。

 時には現場でトラブルが起きたりして急行したりすることもあるんですが、その場合、だいたいは現場の人も「お忙しい中ありがとうございます」なんて言ってくれます。

 しかし、中には逆ギレしたりする人も。

 こちらから言わせれば、そっちのやり方がまずかったからトラブルになったという事例も少なくなく、そのことについてこちらから指導及び助言などをすると、「おまえらがしっかりしないからだ」とか「余計な仕事を増やすな」とか、なぜか逆ギレ。こちらとしては一生懸命現場のSOSに対応するため頑張ったのに、そりゃ無いぜと言いたくもなりますよ。

 

 で、そんなことが、昨日もあったのです。

 その時はたまたま自分も含めた人間が別の現場に行っていたため、上司が直接トラブルの対応にあたり、そんなことを言われてきたようなのです。

 

 自分も同様の経験があるので気持ちはわかりますが、どうにも腹の虫が治まらないらしく、上司もかなりご立腹の様子。

 「まあ、そんな事もありますよ。感情にまかせて、我慢できずに言ってしまう人がいるのは仕方がないですから」

 とフォローすると、上司もこんな事を言いました。

 「君の年齢(32歳)でそんなこと言わなくてもよろしい。逆にもっと言いたいことを言わなくてはだめだ」

 

 上司の言わんとしていることもなんとなくわかります。

 しかし・・・

 自分が頑張ったと思っても相手はまったく無関心だったり

 こちらが我慢しているのにそういう時に限って、神経を逆なでするような一言を言われたり

 ボーナスが出たのでねばり強く交渉した結果、自分にもらえるのは1/25だけだったり(?)

 なんていうことは、結婚すればよくあるわけで、いちいちキレていたら間違いなく破綻します(笑)

 

 昔は人間結婚して一人前、という考え方がありました。無論そんなことはなくて、結婚して無くてもしっかりしている人はしてますし、結婚してもまだまだな人間はたくさんいます。

 

 しかし、結婚してみると良いこともあるけれど、良いことばかりでもなくて、多少なりともお互いに我慢して、譲り合っていかなければいけないことはたくさんあるわけなんですよね。

 そういうものの中でもまれて段々人間がまるくなってゆくという一面も確かにあるんだろうなぁと、独身の上司の発言を聞きながらふと考えてしまったのでした。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ダメ男・ダメ女 [恋愛ネタ]

 

 こんなランキングを見つけました。

 女性から見て幻滅してしまう男性の姿・行動は?・・・ダメ姿ランキング

 男性が見て興ざめしてしまう女性の姿・行動は?・・・萎え姿ランキング

 ここから、逆説的に今の男女が何を求めているかがよくわかりますね。

 

 共通している部分としては、人間としてダメな人はやっぱりダメです(笑)

 ダメ男でいうと

 1位  飲食店などで、店員に偉そうにする(態度がでかい)

 ダメ女でいうと

 3位  電車の中で周りを気にせず化粧をしている

 あたりが該当しているでしょうか。

 

 それと、なんだかんだ言っても男は男らしく、女は女らしくあるべきという考え方が根強いこともわかります。

 ダメ男でいうと

 3位  蛾やゴキブリが出現したときに大騒ぎする

 19位 女性が飲むような甘いカクテルを頼む(カルーアミルクなど)

 ダメ女でいうと

 1位  鼻からタバコの煙を出したり、くわえタバコをする

 7位  付き合ってみたら、家事全般が出来ない人だった

 などがあります。

 

 また、これも男らしら、女らしさということなのかもしれませんが、男性については「頼れること」、女性については「上品」であることが望まれているようです。

 男は

 7位  車の駐車が下手

 11位 AV機器の配線が出来ない・パソコンに弱い

 女は

 4位  電車の中で口を開けて寝ている

 8位  下ネタを何の躊躇なく話す(少しは恥ずかしがって欲しい)

 だとダメらしい。

 

 その他、細かい身だしなみについて結構厳しいですね。

 男は

 6位  下着代わりの柄モノTシャツが、ワイシャツの下から透けている

 14位 スーツ姿でビシッと決めているのに、靴下が白で綿

 女は

 2位  オフィス中に漂うぐらい、匂いの強い香水をつけている

 10位 すごくいい笑顔だけど、歯に青海苔が付いていた

 個人的には、青海苔くらい全然OKで、そん姿を見せられたら逆に可愛いヤツだなぁって思いますけれど(笑)

 自分としてはランク外ですが

 言葉遣いが汚い

 というのが、今まで付き合う上での絶対条件と言っても良かったかもしれません。今の嫁さんもこの条件はクリアしています。

 古いかもしれないけれど、この点だけは譲れないです。

 

 皆さんにも「これだけは譲れない」ところ、ありますか?


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

結婚報告会に行ってきました [恋愛ネタ]

数年前のとある金曜日の夕方頃、職場に一本の電話がかかってきました。それは昨年まで直属の課長だった方で、その時点では異動して別々の職場です。

電話の内容はずばり

「うちの娘と今度の月曜日、会ってくれないか」

ということでした。

 

相手は会ってみるまで顔も名前もわからないという状況。突然のことにびっくりしたと同時に、いったいどう対処すべきかということにかなり悩みました。

今であれば、きっかけなんていうのは何でも良くて、ようは出会ってからどうするかが問題なのだと思えるけれど、当時の自分としては「自分のあずかり知らぬところで勝手に交際相手、ましてや上司の娘となれば結婚を前提となる相手を決められてたまるか」という気持ちが強く、会う直前にはすでに「絶対に結婚するつもりなどない」事をきっぱり伝えることを決心し現地に向かいました。

 

指定された場所(某市コ○ス)には元上司がすでに待っていて、しばらくするとその娘さんも現れました。今でも覚えています。ピンクのチェック柄のワンピースを着ていました。

すると、さっきまでの決心はどこへやら、一目見て、思わずこう心の中でつぶやいちゃいました。

「うぁ・・・・かっ・・・かわいいやん・・・」

 

 

今、その娘さんは自分の友人であり、同じ楽団員となっています

そして、良き旦那さんを見つけ結婚しました。その報告会が今日あったんです。ちょっと長い前振りでしたね(笑)

 

楽団のみんなの生演奏と、良き友人たちに囲まれた二人はとても幸せそうでした。

料理もおいしかったし、お酒もホントにおいしかった。おかげでちょっと飲み過ぎちゃって、最後二人が退場するときの演奏がだいぶグダグダになってしまって大変申し訳ございませんでした(^_^;

 

結局、一度も自分と彼女の人生が交じり合うことはなかったけれど、自分も、そして彼女も無事結婚できて、こうやって幸せな時を過ごせたことを考えれば、それは何よりの結果です。

ま、自分も今の嫁さんと、彼女も今の旦那さんとあの日会う以前に出会っていたようで、それを考えれば結局元上司のパパが先走っちゃった、いわゆる出来レースだったのかも。

それでも、こうやってお互いに幸せになれたことで、ようやく元上司のパパに対して「せっかく自分を信頼して娘さんまで紹介して頂いたのに申し訳ない」という一種罪悪感みたいなものがようやくとれました(笑)

 

あいちゃん、いつまでも末永くお幸せに!

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

今時の恋愛事情 [恋愛ネタ]

昨日吹奏楽団の練習に行ったときのこと、同じ楽団員の女の子からちょっとした恋愛相談を受けた。

 

そのコは今20歳。同じ学校の先輩に手作りバレンタインチョコを渡したいので、まずは14日の先輩の予定をメールで確認したいのだが、どういった文面で送ればいいかということだった。

 

ちなみに、そのコはちょっと上原多香子っぽい美人。普通に送れば大丈夫じゃないかなぁと思うのだが、やっぱりこういうものは誰だって不安になるものなのだろう。

 

あまり気の利いたアドバイスは出来なかったのだが、とりあえず携帯からメールを送ってみる。

が、5分ほど経過するが返事が返ってこない。

 

自分たちからすればなんて事ない時間だけれど、やっぱり今時のコは5分もメールが帰ってこないとなると相当不安らしい。

 

こんな記事もあったし。

女性は「返信メールが早いと脈アリと思う」~ボーダフォンの調査(IT medhia)

 

確かに、メールであろうと手紙であろうと、好きな人に思い切って出したものに対する返事が来るまでの時間は、たとえ1分でも長く感じるものなんだろうけれど。

 

 

自分がバリバリ青春していた頃(言い方がすでに古いな)は、携帯なんていうものはなく、かろうじてポケベルがあったくらい。好きな人と連絡を取ろうと思ったら直接その人の自宅に電話をかけなければならなかった。

 

その時に最大の壁となるのが相手のご両親。

相手の母親が電話に出て、そのコに替わってもらえるようにお願いしたのに、何故か電話に出るのがそのコの父親。

「家の娘に、いったい何の用だね?」

ただでさえ上昇中の心拍数がさらに加速してゆく。それとは反比例して背筋が凍りつき始める。口の中はすでにカラカラに乾いている。

 

今の高校生たちはこんな体験してないんだろうなぁ。

 

 

それから彼女にどんな返事か来たのか、そして無事にバレンタインの約束を取り付けられたのかどうかは確認していない。良い結果が出ていることを祈りつつ、次の練習の時には結果を聞いてみよう。

皆さんも良きバレンタインを!

 

 

 

それにしても、その先輩の「市原隼人とジミー大西を足して2で割ったような顔」ってどんなんだ!?


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飛行機でかよ! [恋愛ネタ]

イギリスのコンドームメーカー、デュリックス社が世界41カ国のエッチ事情についての2005年調査の結果を発表した。

 

SEX SURVEY 2005

 

しかし、なかなか面白い結果が出てますね。

まず一年間にどれだけエッチしているのか。トップはギリシャの138回、以下クロアチア、セルビア・モンテネグロと続く。世界平均が103回で、日本はなんとダントツの最下位で45回。下から2番目のシンガポールが73回だからまさにダントツである。ギリシャ人の1/3ですって。

 

まあ数が多けりゃいいってもんでもないわけで、問題は中身さ!

で、その中身についても「I'm happy with my sex life.」という人が日本は下から2番目の24%。だから回数が少ないのか?

 

初体験年齢や体験人数なんかも世界と比べるとほぼ平均値なので、若者の性に対する乱れが言われている割に、実はまだまだ世界の後進国だったという訳なんでしょうか。

 

それにしても一番びっくりしたのが「場所」に関する調査。世界平均で2%の人が飛行機の中でエッチした経験があるらしい。ホントかよ! しかも中国人の9%って何?

イタリア人の8割は車の中で、オーストラリア人とニュージーランド人の半分は公園でっていうのは何となくわからないでもないかな?

 

その他にも性の意識に関すること、大人のおもちゃのこと、望まない妊娠に関することなどいろいろな調査項目があり、それぞれの回答にお国柄が出ています。

他の人の性生活がどうかなんてまず人には聞けないので、こういう結果を見て、己の事について再考してみる良い機会かもしれませんね。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

愛とお金の微妙な関係 [恋愛ネタ]

こちらのブログにこのような記事が。

愛はお金で買える?

コメントもしたのだけれど(しかも1時間以上書いては消してを繰り返し悩んだ末のコメント)、どうも消化不良。自分の記事でも取り上げることに。

まあ「絶対にNO!愛でお金が買えるわけ無いじゃない!」と言ってしまうのは簡単なんだけれど、どうも釈然としない思いもあるわけで。

もちろん、「愛」とは(様々な解釈はあるけれど)尊いものだと思うし、とても大切なものだし、人生において不可欠なものでもあると思う。

でも「愛さえあればお金なんて!」みたいな意見はちと違う気もする。

多分、多分ね。「お金から愛が生まれる」ことはないかもしれない。でも、愛を育んでゆくためにはお金が必要かなとも思うのです。。

それは、自分が家に帰れば専業主婦の嫁さんと0歳児の息子がいるから、というのもあるのかもしれません。

例え自分が仮に失業したとしても、嫁さんはついてきてくれると信じているけれど、自分としてはやっぱり嫁さんと子供にはそこそこ豊かな生活を送ってほしいと思うし、そのためには自分も石にかじりついてもお金を稼がねばとも思うわけで。それも愛でしょ?

ダイヤモンドは世界一硬い石であり、見た目もとても美しく、滅多に手に入るものでないからこその希少価値もあります。ただし、硬いからこそのもろさも持ち合わせているわけで、たとえば鉄のハンマーで叩いたら砕け散ってしまいいます。

そしてお金の力も侮ってはいけません。その力によって男女の間だけではなく、同性間の友情だったり、仕事上での信頼関係だったり、時には肉親同士の絆さえ粉々にする破壊力を持っています。それは同時に、結びつける力も同様に存在するということです。

愛という存在はとてもロマンチズムを刺激する、いかにも夢心地な言葉であり、時にお金とは意地汚いとか、ダーティーなイメージを持たれがちです。

でも、自分に言わせりゃ「金で男を選んでいる女」と「顔で男を選んでいる女」なんてどっちもどっちだし、場合によっては「自分の努力の証」として、お金という武器を持った男性の方が素敵なんじゃない?

愛とお金という、「ロマンの象徴」と「物欲の結晶」との組み合わせは確かに一見拒否反応を起こしそうだけれど、決して対照的な存在ではないのです。

実際に、みんなお金を使って一緒に食事をし、お酒を呑み、プレゼントをし、旅行に行って、結婚式を挙げるんですもの。

愛とは伝わってこその愛です。伝わらなければ、いくら一生懸命アピールしたところで、それは相手にとって愛とは認められないのです。(ストーカーが良い例)

自分の愛を伝える手段として、よりセンスの良い、上手なお金の使い方ができる人こそが、本当の愛を手に入れられるような気がしています。

うーん。うまく言いたいことが伝わるかなぁ?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美人であることのお得度 [恋愛ネタ]

美人であることはお得であるのか、実際にこれを真面目に研究した学者が過去にいました。どういう風に調査をしたかというと、

1.男子学生を2グループに分け、模擬裁判をしてもらいます。

2.片方にはものすごく美人の被告の写真。もう片方のグループにはそうでない被告の写真をみせます。

3.両グループに同じ犯罪の内容を示し、刑期を学生たちに決めさせます。

その結果なんと・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

恋愛のコツらしきもの [恋愛ネタ]

自分は昔からそれほどもてる男ではありません。

でも、当たり前のようにもてたいという気持ちはありました。で、かつて16,7歳の自分がどうしたかと言えば、まず本を読みました。それもホッドドックプレスなどという即効性のある本(?)ではなく、いわゆる「心理学」の本です。

心理学を知れば、相手の気持ちもわかるはず、そうすればきっともてるはずだ、そう考えたのです。

ところが、当然ながらモテモテになるようなことはありませんでした。

ただし、今考えると当時読んだ本からいろいろなことを学びました。皮肉なことですが、最初に学んだ事といえば
「所詮、人の気持ちなんてわかるわけがない」
ということです。

あくまで心理学というのは、最大公約数的なものであって、すべての人に当てはまる「恋の魔法」的な答えなんてないんです。内的要因や外的要因はそれぞれに違っていて、100人いれば100通りの答えがある。それが心理学だったのです。当たり前のことなんですけれどね。

でも、それがわかって楽にもなりました。あまり「自分はどう思われているんだろう?」とか「今彼女は何を考えているのかな?」とか、余計に考えすぎる悪い癖はなくなり、「ありのままの自分の気持ちを今伝えよう。今の自分にできることはこれだけ」という良い意味での開き直りができるようになりました。

もちろん、これは「相手の気持ちなんて考えなくても良い」ということでは当然ありません。
一番怖いのは「相手の気持ちをわかったような気になる」事だというのを自分自身、後々痛い目を見て知ることにもなるわけですが(^_^;

相手を知ろうとする気持ちはとても自然なものだし、またとても大切な気持ちでもあります。ただし、過剰に意識しすぎるとどうしてもネガティブになりがちなので、その辺の気持ちをうまく制御できればすてきな恋にまた一歩近づくことができると思います(多分)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
恋愛ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。